コスト削減のための物流アウトソーシング

倉庫コスト削減のための物流アウトソーシング

倉庫コスト削減のための物流アウトソーシング 現代は、アウトソーシングをうまく利用するか、利用しないかで、費用の大幅な削減に影響が出る時代です。
給与計算や経理事務を外部に委託している企業は多くあります。
会社の受付や警備の業務も外部委託が定着しています。
そんな中で、自社の製品や商品を在庫管理する業務も外部に、物流アウトソーシングとして委託できる時代です。製品や商品の在庫管理は、倉庫が必要になります。
倉庫は大きなスペースが必要で、土地や建物を購入する費用は莫大になります。
また、在庫するだけですが、品質維持のために適切な温度や湿度の管理が必要になることもあります。
なにより、製商品の出庫、入庫の業務を行う社員が必要になります。
このような、製商品管理に関わる倉庫コストが、物流アウトソーシングにより大幅に削減できます。
専門の物流業者は24時間体制で対応してくれる場合があり、取引先が受ける利便性もアップします。
アウトソーシングは時代の主流になっています。

物流アウトソーシングで削減できる倉庫コストの内容

物流アウトソーシングで削減できる倉庫コストの内容 企業が物流アウトソーシングをするメリットは非常に多くあります。
企業経営において直接的な利益を生まない部門は赤字になるだけで良いことはないのです。
物流アウトソーシングで削減できる倉庫コストの内容について検討してみましょう。
1、家賃負担を減らせる
2、光熱費負担が無くなる
3、人件費を減らせる
それぞれ詳しく考えていきます。
1、倉庫を維持する必要がないのですから、家賃負担はありません。事務所とは違い、大型倉庫は家賃が高いので大きな負担となります。外注をすることで家賃分を他に回すことができます。
2、倉庫を維持しないのですから光熱費の負担もありません。冷凍冷蔵設備を利用している場合は毎月巨額の費用が必要になります。光熱費以外に設備メンテナンス費用や定期点検費用も無くなります。
3、人件費が最も経費の中で高額になります。人数を減らせば人件費を削減できますが、従業員の作業量が増大するだけです。人為的ミスが増えるだけで良いことはありません。外注をすれば人件費を考える必要はないのです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>